製造拠点として急伸のカンボジア、台湾は年200億円の投資。習近平主席もカンボジアへの投資をさらに加速させることを表明。

【製造拠点として急伸のカンボジア、台湾の投資額は年200億円】 

2012年頃までのカンボジアは
・物流インフラが未整備。
・製造業としての投資先として魅力がない。 
 ⇓
それが今では
・安い労働コスト。
・整備されたインフラ。
ベトナムに次ぐ新しい投資先として期待されるようになった。
その要因が中国からの投資です。

カンボジアの道路インフラ整備資金の70%は【中国の投資によるもの】

中国の習近平主席は、「一帯一路構想の実現に向けて、今後さらにカンボジア向けの投資を加速させていくべきだ。」と述べた。

フォーブスジャパン
https://forbesjapan.com/articles/detail/26249

 

Follow me!