カンボジアのシアヌークビル周辺に新しい環状道路が建設されます。シアヌークビル港を利用するトラックの増加を高速道路と環状道路が開通することで渋滞を解消できるかもしれません。

道路 工事 高速道路 プノンペン シアヌークビル

 

プノンペンから深海港のあるシアヌークビルまで行くには、最短ルートである国道4号線がありますが、この国道4号線はカンボジアの物流網として大事な役割を担っています。

 

カンボジア シアヌークビル カンポット 環状道路 幹線

 

その重要性をさらに増やそうと、現在カンボジア初の高速道路を建設しています。

 

道路 工事 高速道路 プノンペン シアヌークビル

 

この高速道路が開通することで物流量やスピードがさらにあがりますので、いままで起きていた交通渋滞など、経済的な損失を減らすことが可能になります。

 

 

そしていま、

国道4号線と建設中の高速道路に加えて、あたらしい環状道路の建設が始まろうとしています。

 

まずプノンペンからシアヌークビルまでへ行く途中にPreyNobとよばれる街がありますが、ここはカンポットから続いている国道3号線が合流する地点です。

 

カンボジア シアヌークビル カンポット 環状道路 幹線

 

合流地点では、深海港を利用する多数のコンテナトラックが往来するために深刻な交通渋滞をおこしており、この渋滞を解消させるためカンボジア政府はシアヌークビルからの北部ルートを開発し、新しい環状道路を建設することにしました。

 

新しい環状道路北部ルートの全長は43kmで、これが完成することによって増加するトラックが南北2つのルートに分散されるため、渋滞の解消が期待されます。

 

カンボジア シアヌークビル カンポット 環状道路 幹線

 

カンボジア シアヌークビル カンポット 環状道路 幹線

 

また北部ルートの途中にある経済特区や石油倉庫、港があるStuengHav地区に接続することが出来ますので、新しい環状線の重要性はさらに増すことになりそうですね。

 

この環状道路の総工費は約7,600万ドルで、開通までに28ヶ月かかる予定です。

 

私はシアヌークビルへ行くとき飛行機ではなく車を使っていくのですが、その途中では道路の拡張工事があちこちで行われていたり、トラックやバスによる交通渋滞が多くあるため、到着時間を読むことがなかなか難しいのです。

しかし、こういった道路開発が進んでいくことで渋滞が減るでしょうから、移動時間も少なくなり快適な車移動をすることが出来るようになりそうですね。

 

 

 
 
 
 

カンボジア メルマガ 無料プレゼント

Follow me!