カンボジア不動産ツアーレポート2017.11 その①

プノンペンの不動産に興味ある方を連れて不動産ツアーを開催しました!
まずはホテルで勉強会を行い、カンボジアの基礎知識や開発状況を共有です。


カンボジア・プノンペンにある5つ星ホテルのパレスゲートホテル

 

東横インの展望フロアへ

東横インの展望フロアは、周囲の開発状況を一望することが出来る場所のひとつです。
いまでこそビルが続々と開発されてきてますが、一年前は何もなかったのですから東横インの目のつけどころは素晴らしいとしか言いようがありません。
地価の上昇だけでもかなりのものでしょうね。

カンボジア・プノンペンにある東横インから撮影したダイヤモンドアイランド

 

開発とは無縁の地「東部ニューエリア」へ

ダイヤモンドアイランドやその周辺を見学したら、カーフェリーを使ってメコン川を渡り東部ニューエリアへ。

プノンペン中心地である王宮より近いにもかかわらず、メコン川に橋がかかっていないため、まったく開発されていません。
川沿いには高床式住居があり、道路はまだまだ土道で、両脇には小さな商店が何軒かつらなってる。
カンボジアのなつかしい田舎の風景を見ることが出来ます。

ここを渡る橋は、はるか上流になので、多くの人はフェリーを使います。
朝夕の通勤ラッシュはもちろん、土日は田舎へ帰る人も多いため、乗船するのにも時間がかかるので困ります。

カンボジア・プノンペンを流れるメコン川を渡って不動産投資候補地へ
カンボジア不動産投資候補地はプノンペン中心地より東にあります

バナナやマンゴー畑が広がってますね。

カンボジア不動産投資候補地の周辺にはバナナやマンゴー畑も広がっています

レポートはつづきます。

 

 

 お問い合わせはコチラ

お問い合わせ内容 (複数選択可) *必須

Follow me!