ついにプノンペンで環状道路3号線の工事が始まります!

1月14日に環状道路3号線の起工式が行われ、フン・セン首相が出席しました。

この道路の建設費は、中国政府の融資により建設され、建設会社も中国企業によるものです。

環状道路3号線は、プノンペンの中心地から半径15km圏をグルっと一周する環状の道路です。

以前は「外環状線」と言われてましたが、プノンペン都市開発が、中心地より半径15km圏内から半径30km圏内に拡大されたことにより、いままで「外環状線」といわれていた道路は「中央環状線」となり、その外側に新たに「外環状線」が誕生しました。

この道路は全長50km、幅25mで、北側の延長線上にはメコン川に架かる橋が建設され、そこにはプノンペン新港も建設されます。
このスグ近くに大手デベロッパーも大量に買い進めている地区があり、そのなかに「候補10」があります。

さらに北上するとエコノミックゾーンが広がっているため、この中央環状線の建設開始は、マスタープランの完成にむけての大きな一歩となります。

今週はカンボジアへ視察に行ってきます。
プノンペンの開発がどれぐらい進んでいるか、非常に楽しみです!

 
 
 

Follow me!