2018年のナガワールド純利益が3億1000万ドルという報告がありました。これはカンボジア全銀行の〇〇とほぼ同じという驚きの結果に。


プノンペンでカジノ権を独占しているナガワールドですが、2018年の純利益が3億1000万ドルであると発表しました。

これはカンボジアにある全銀行(39行)の2017年の純利益(4億3500万ドル)とほぼ同じというから驚きです。

ちなみにマイクロファイナンス機関と比較すると純利益の3倍だということです。

ナガワールドは対前年比でも53%増ですから、いかに中国人観光客やカジノギャンブラーが増加したかがお分かりになるかと思いますし、首都プノンペンでのカジノ独占という凄さも思い知らされました。

プノンペンでカジノ独占運営権をもっている絶好調企業「ナガコープ」が、ナガワールド3の建設計画を発表しました。

第2のマカオを目指すカンボジアカジノ業界

カンボジア ホテル事業「AMBERカンポット」

Follow me!