カンボジア進出に積極的な韓国による、カンボジア-韓国友好橋の建設なるか?プノンペン中心地と東部ニューエリアに架かる橋「スバイクラム橋」について、ニュースで取り上げられました!


カンボジアのローカルニュースですが、韓国のムン・ジェインのプノンペン訪問についてのニュースの中で、チョロイチャンバーから東部ニューエリアに架かる橋について取り上げられました。
 
クメール語のニュースだったものを機械翻訳を使ったものです。
以下は翻訳です。
 ⇓ ⇓

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「プノンペンで、カンボジア-韓国友好橋を結ぶ」
2019年3月31日の記者団との話し合いで、打ち上げに備えて最初のチョロイチャンバー橋(カンボジア – 日本友好橋)を視察しました。

4月3日、Sun Chanthol氏は次のように述べています。
「彼はプノンペンで橋を架けるのを手伝うように彼の韓国の友人に依頼しました。
プノンペンには日本とカンボジアの友好橋は存在するが、カンボジアと韓国の友好橋はありません。
韓国側は、韓国の友好の架け橋になる準備ができている」と語った。

「他の国がカンボジアで橋を建設しようとするならば、王国政府はすべてを差別なく歓迎する」と彼は付け加えた。

大韓民国大統領、ムン・ジェインは、2019年3月14日から16日までカンボジアを訪問しました。
訪問の前に、2人のパーティーがチョロイチャンバーからメコン川に渡る橋を建設することに合意するという多くの噂がありましたが、双方は橋を建設することに署名しませんでした。

チョロイチャンバー – スバイ・クラム橋の建設プロジェクトはすでに中国側で完了していますが、現在は韓国側で検討中です。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このなかで、スバイクラム橋の建設プロジェクトは中国側で完了しているが、韓国側で検討中というところがよくわかりませんが、中国→韓国に変更しようとしているのでしょうか?

しかし昨年に、フン・セン首相の公式発表ではチョロイ・チャンバーと東部ニューエリアの橋は中国からの支援で建設するということでしたから、それを韓国に変更するとは考えにくいところではあります。

となると、別の橋を検討しているという可能性も無くはありません。

いままではマスタープランやチョロイチャンバーシティの建設予定図のなかでスバイクラム橋はでてきましたが、ニュースなどメディア内で登場したのを見たのは初めてです。

いずれにしても、東部ニューエリアの不動産を購入していますので早く着工してほしいところですが、橋が架かってしまうと土地の値段が一気に上がってしまうので、上る前にもう少し買い足しておきたいのが本音です。

それなので、着工はもう少しあとにしてもらっても良いかなと思ったりしています。

Follow me!