KKアセットマネジメントアジアのこれからの事業展開と、元機関投資家との顧問契約成立について

KKアセットマネジメントアジアは元機関投資家を投資顧問として提携しました

【カンボジアでのこれからの展開について】

これまでに不動産管理会社をカンボジアに設立しましたが、これでカンボジアでの土地保有のプロテクトが可能になりました。

さらに現地バートナー、現地弁護士事務所と契約をおこない、弊社の法人顧問になっていただきました。

この契約によって、今後みなさんの資産増加、保守を実行していくための世界的な拠点づくりに大いに協力してくれます。

また、寄付や支援等の慈善事業を進めています。

これはカンボジア政府と協力して行っており、いろいろな面での関係も構築してきておりますが、これはまだスタートにしか過ぎません。 

今後は、シンガポールにホールディングスカンパニーを設立して、各国の投資開発、レバレッジを利用した運用などを行なっていく戦略をとります。

すでに計画にある案件として

・東ヨーロッパやアフリカ、アメリカ不動産の購入。

・不動産ファンドを扱っている企業やショッピングモール、ホテル展開等を狙ってる企業への優良不動産情報の提供と販売など

今までとはワンランクもツーランクも上の組織運営を目指すことが可能となりました。

   

【元機関投資家による高度な案件精査機能の追加】

この度、顧問に元機関投資家のパートナーが入ることで、高度なノウハウや人脈を駆使することができるようになりました。

これで「資産を守る」だけでなく
「資産を増やす」
「資産を活用する」
更には「投資案件を精査できる」機能を持つ機関となりました。

みなさんには、機関投資家レベルのコンサルティング機能を提供できることになります。

特に専門的なノウハウ、調査機関を活用できるようになったことは、今までになかったことですので、それを活用できることはお客様にとって大きなメリットとなるでしょう。 

これからもKKアセットマネジメントアジアにて有益な情報をたくさん提供していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Follow me!