カンボジア南部にあるケップ州は、観光地開発するためにカンボジア政府がマスタープランを作成しています。田舎のリゾート地として栄えているケップ州の開発コンセプトとは?

ケップはカニの名産地です。

【カンボジア南部にあるケップ州は、観光地開発するためにカンボジア政府がマスタープランを作成しています。田舎のリゾート地として栄えているケップ州の開発コンセプトとは?】

カンボジアの南部にケップ州と呼ばれる場所があります。

プノンペンの南西部に位置しており、車で4時間ぐらいかかります。

ケップの近くにはカンポット州があり、フランス統治時代はカンポットと同様に避暑地などのリゾートとして開発されていました。

ケップはプノンペンの南部にあります。

ケップ州はカニが名産のビーチリゾートです。

カニ市場では新鮮なカニだけでなく、魚やエビ、イカなどのシーフードがたくさん売られていて、シーフードの串焼きや茹でカニなどは、その場ですぐに食べることができます。

またカンポットと同様に胡椒の産地となっていますので、地元の胡椒農園には欧米からの観光客がたくさん訪れていました。


そんなケップ州を発展させるため、カンボジア政府の観光省がマスタープラン作成にはいりました。

観光省の考える、ケップ州は
「ラグジュアリー&リラクゼーション(高級リゾート地)」

を開発のコンセプトとしているそうです。

ケップ州の高級リゾート地開発ですが、カジノ開発や工業団地は考えておらず、環境や景観に影響を与えないような開発をおこなう方針です。

ケップ州の近くにある3つの州は
①シアヌークビル州は「多目的経済産業地」
②ココン州は「農業観光地」
③カンポット州は「農業と歴史ある観光地」 
をコンセプトに開発しています。

ケップ州のマスタープランは
2020年初頭までに計画案を準備し、発表することができそうです。

ケップは静かな港町です。

https://kk-asset.com/cambodia-route4

Follow me!