インドネシアが首都ジャカルタからの首都機能移転を閣議決定しました。新しい近代都市開発に必要なものとは何か?

インドネシアが首都をジャカルタからの移転を閣議決定。

インドネシアが首都ジャカルタからの首都機能移転を閣議決定しました。

ジョコ大統領は「ジャワ島の交通渋滞や環境汚染も深刻だ」と移転の必要性を訴えました。

インドネシアのジョコ大統領がジャカルタからの首都移転を表明
出典:yahooニュース

現在の大都市ジャカルタは、大量の車やトラックが都市部に集中することで大渋滞をひきおこしており、インドネシアの経済損失は年に100兆ルピア(約7,870億円)もあるそうです。

インドネシアの首都が移転することに、ジャカルタはどうなってしまうのか?
という心配があると思いますが、ジャカルタは経済の中心地としてそこに残ります。

移転には、約466兆ルピア(約3.6兆円)の費用が必要とのことですが、新しい地で、新しい首都機能、新しいインフラ、新しい経済圏を作るというのはインドネシアにとって良いことずくめと言えるのではないでしょうか?

これはインドネシア内にジャカルタ規模の大都市が2個できるようなものです。

フィリピンのマニラも首都移転の可能性がありますし、東南アジアの強国は絶好調な状態ですね。

そして都市開発に必要なのは安価な道路だけでなく、
・高速道路
・幹線道路
・鉄道、バス
・水路、空路
・それらを管理するシステム
が必要です。

なによりも、
それをつくるための都市開発計画(マスタープラン)の作成が一番重要です。

それにしても、首都移転先の不動産はとっても美味しいんだろうなぁと考えてしまうのは、私だけじゃないはずです。笑
こういうときに政府に近い人間と繋がっているというのは、とても強いことなんだと改めて感じさせられますね。

今のところカリマンタン島のパランカラヤンへの首都移転が有力視されているそうです。

 

インドネシアはジャカルタから首都を移転させます

ジャカルタでインドネシア初の地下鉄が開業。日本のODAによる東南アジア鉄道事業も進んでいます。(インドネシア、フィリピン編)

Follow me!