配車アプリの東南アジアの雄「Grab」が、カンボジアで契約ドライバー向けの新しいアプリ機能を公表しました。

カンボジア grab トゥクトゥク プノンペン 配車 アプリ

配車アプリの東南アジアの雄「Grab」が、カンボジアで契約ドライバー向けの新しいアプリ機能を公表しました。

カンボジアでの移動手段といえばタクシーやトゥクトゥクといったものがありますが、流しのトゥクトゥクに乗ろうとすると、行き先や乗車賃の交渉など面倒な作業が何回もあり、うんざりすることも多いです。

 

たとえばドライバーに行き先を伝えようとしても、その場所を知らなかったり、そもそも地図が読めないということがあります。

 

プノンペンに住んでいる人の場合、ストリート番号で覚えていますので、何番通りにあるお店ですか?

などとよく聞かれることがあります。

 

カンボジアではここ数年で配車アプリが急速に広まり、街をはしるトゥクトゥクのほとんどが、どこかの会社と契約していますので乗客側からしてみるとホント便利になりました。

 

カンボジアで配車アプリといえば

・PassApp

・Grab

・TADA

など参入しています。

 

PassAppは、カンボジアでの配車アプリ初期から参入していて、アプリ内の地図や目的地・経由地設定がとても使いやすく、個人的には一番使っているアプリです。

 

 

しかし、ここ最近は東南アジアNo.1の配車アプリ「Grab」がカンボジアでも優勢になりつつあります。

 

カンボジア grab トゥクトゥク プノンペン 配車 アプリ

 

いまのカンボジアでPassAppとGrabは熾烈な争いを続けていますが、それは乗車運賃の引き下げ合戦をするまでになってきています。

 

乗車運賃の値下げは、それぞれの会社の利益に直接響いてきますが、もっと深刻なことは契約ドライバーたちの収入が減ってしまうことです。

 

Grabは、契約ドライバーたちの収入を維持させるため、運賃の値下げと同時に、ドライバーの営業効率と収入を改善させる新プログラムを公表しました。

 

プログラムのひとつめは

「Pax No Show」です。

これは予約した乗客が、ドライバーの到着から5分以内に現れない場合に、Grabはドライバーに最低料金を支払うというものです。

ほかの会社では予約をキャンセルされても契約ドライバーに対して何の補償もしてくれませんし、逆に罰金を取られる場合もあるそうです。

このシステムは、いまのカンボジア内の配車アプリでまだどこにもありません。

 

ふたつめが

「Back to Back Job」です。

これはドライバーが乗客を乗せているときでも、その目的地近くにいる新しい乗客を受け入れることができます。

これによってドライバーは、効率良く継続性のある仕事をすることが可能になります。

 

こういったプログラムを増やしていくことでGrabは契約ドライバーにとって有益な機能を追加していくことで

乗車運賃を引き下げることに成功しています。

 

逆にPassAppは、乗車運賃のみを引き下げようとしたため、多くの契約ドライバーから抗議がでているそうです。

 

いまのカンボジアでは、配車アプリ企業間の熾烈な客取り合戦が繰り広げられていますが、それはサービスの向上に繋がり、私たち乗客としてはとても嬉しいことだと思います。

 

 

カンボジア ホテル事業「AMBERカンポット」

Follow me!