【第3回】カンボジア証券取引所に上場している企業を紹介します(全3回)

5.シアヌークビル港湾公社(PAS)

http://www.pas.gov.kh/en

カンボジア唯一の国際港湾を運営する国営企業です。

日本政府とJICAが長年その発展に協力してきた深海港で、同国の国際港として73%のマーケットシェアを誇っています。

この上場で2700万ドルを調達しました。

これにより港の整備や道路、鉄道の陸運インフラを強化する予定です。

 

IPO価格:5,040リエル
上場日:2017年6月8日
上場初値:5,360リエル
上場終値:5,100リエル
2017年 5,100リエル 配当利回り 7.90%
2018年 10,100リエル
2019年1月29日 14,020リエル
2019年2月 6日 11,840リエル
(4,000リエル=1ドル)

このシアヌークビル港湾公社が上場する時に、SBIロイヤル証券が主幹事を努めてました。


2019年には
①マレーシア系の電力会社「PESTECH Cambodia PLC」
http://pestech.com.kh/

②三井住友銀行も出資するカンボジア最大の銀行「アクレダ銀行」
http://www.acledabank.com.kh/

この2社が上場を予定してます。

どちらも主幹事はSBIロイヤル証券の予定ですので、ここで口座開設しておくとIPOに参加することが可能となります。

過去のベトナム株式バブルをみてきて、カンボジアの株式バブル相場がいつ到来するのか予想してみました。

  ↓  ↓

過去のベトナム株式バブルをみてきて、カンボジアの株式バブル相場がいつ到来するのか予想してみました。

カンボジア KKアセット マネジメント 不動産 投資 ブログ メルマガ

Follow me!