カンボジアで株取引をするなら、日本人スタッフが対応してくれる「SBIロイヤル証券」で決まりです。


【カンボジアの日系証券会社 SBIロイヤル証券】

カンボジアにはカンボジア証券取引所(CSX)という取引所があります。

そこに上場している会社の株は、証券会社を通じて売買することができます。
 
その証券会社のひとつに「SBIロイヤル証券」があります。
  
SBIという名前を聞くと、SBI証券や住信SBIネット銀行など日本でおなじみのアノ会社?といった印象を受けるかもしれません。

SBIロイヤル証券というのは、あのSBIのグループ会社で、カンボジアとしては日系で唯一の証券会社になっています。

SBIロイヤル証券には、カンボジアの最大手財閥であるロイヤルグループが株主にもなっているため、ロイヤルという名前がついてます。

このロイヤルグループというのは、不動産開発もたくさん行っており、プノンペン都内にある多くのビル建設地で「ロイヤル」の名前を見ることができます。

また、AA格付けをもっているオーストラリア・ニュージーランド銀行グループと、ロイヤルグループの合弁銀行である「ANZロイヤル銀行」もありますし、送金取扱高9000億円のモバイル決済システム「WING」も、ロイヤルグループのサービスのひとつです。

カンボジア証券取引所(CSX)
株式取引について

取引日 :月曜日~金曜日(祝日除く)
取引時間:am8:00 ~ am11:30
値決め :板寄せ(2回) am9:00、am11:30
     ザラバ am9:00 ~ am11:00
受渡日 :T+2 (am8:30)
通常  :前日終値の±10%
注文方法:オンラインやメールで取引可。

現在カンボジア証券取引所には5社しか上場していませんが、2018年には日本人や中国人による口座開設&株式取引が多く行われるようになってきており、出来高も上昇してきています。

また、企業によっては上場から1年半で株価が約3倍になるなど、これからカンボジア証券がもりあがっていくであろう可能性も見せてくれています。

SBIロイヤル証券の口座開設は、カンボジア不動産ツアーに含めることができます。
ツアーに参加される方は、カンボジアの銀行口座と一緒に口座開設することをオススメいたいます。
※カンボジアの銀行口座を開設していなくても、株式取引や入出金をすることが可能です。

【第1回】カンボジア証券取引所に上場している企業を紹介します(全3回)

 ↓  ↓

【第1回】カンボジア証券取引所に上場している企業を紹介します(全3回)

カンボジア KKアセット マネジメント 不動産 投資 ブログ メルマガ

Follow me!