カンボジア不動産視察ツアーレポート2019.7(ダイヤモンドアイランド・プノンペン東部ニューエリア編)

カンボジア プノンペン ダイヤモンドアイランド 不動産 投資

カンボジア不動産視察ツアーレポート2019.7
(ダイヤモンドアイランド・プノンペン東部ニューエリア編)

カンボジア不動産視察ツアーは、大人気のためほぼ2~3ヶ月に1回開催しています。

この7月も投資家さん達とツアーに行っていました。

 

今回のおもなツアー内容は

1.プノンペン東部ニューエリア不動産視察ツアー

2.カンボジア銀行開設ツアー

3.Amberカンポット視察ツアー

この3つを開催してきました。

 

プノンペン東部ニューエリア不動産視察ツアー

まずはダイヤモンドアイランドの視察から

いつものパリの街並みElysee(エリーゼ)からです。

すでにシンボルである凱旋門の外装は完了し、内装工事を行っていました。

地下駐車場へとつながっているエスカレーターも完成していました。

 

カンボジア プノンペン ダイヤモンドアイランド 不動産 投資

 

1階では店舗がすでにオープンしているところもあり、店員さんやお客さんの姿も見られました。

いまカンボジアではコーヒーブームということもあり、ここでもコーヒーショップがオープンしてました。

コーヒー1杯1.5ドルぐらいと、とてもリーズナブルでしたよ。

 

カンボジア プノンペン ダイヤモンドアイランド 不動産 投資

 

メコン川の渡し船であるボートをつかってプノンペン東部ニューエリアへ

雨季なので水位も上がっていて、水も茶色く濁ってました。

今年は水不足といわれていましたが、雨季の到来とともに解消したようです。

 

 

 

プノンペン東部ニューエリアに上陸したあとは、候補9の前で建設している住宅街へ

住宅地内もかなり整備されてきており、いよいよ一部オープンが近づいてきている感じがしました。

この住宅地はまだ2割ぐらいしか完成しておらず、となりでは造成工事をしている最中ですが、

住宅販売では、すでに8割ぐらいは売れていました。

 

カンボジア政府も言っていましたが、

カンボジア人のための住宅需要というものが、とても多いことが現地を見てあらためて分かりました。

 

カンボジア プノンペン 東部ニューエリア 不動産 投資

 

今回のプノンペン東部ニューエリア視察ツアーで一番大きな進展があったのがこの場所です。

これまでは砂利道だった内環状線が、ついにコンクリート舗装されていました!

まだまだ舗装距離は短いですが、次回カンボジアに来た時はさらに延びているかもしれませんね。

 

カンボジア プノンペン 東部ニューエリア 不動産 投資

 

この先は、まだまだ未舗装です。

しかしカンボジアに最初に来たときは、まだこの土道だったので懐かしいです。

 

カンボジア プノンペン 東部ニューエリア 不動産 投資

 

2年ぐらい前まで、プノンペン東部ニューエリアのほとんどがこんな感じで

雨降るとグチャグチャになる土道でした。

いまでは当たり前のようにコンクリート舗装がされています。

地味なことですが、こういったインフラ整備が周辺の地価をグングンと上げていきます。

 

カンボジア プノンペン 東部ニューエリア 不動産 投資

 

カンボジア ホテル事業「AMBERカンポット」

Follow me!