Huaweiは5Gシステムを展開させるため、香港からシアヌークビルまでの海底光ファイバケーブルを設置する計画を発表しました。

カンボジア 香港 海底ケーブル huawei 5G 投資

Huaweiは5Gシステムを展開させるため、香港からシアヌークビルまでの海底光ファイバケーブルを設置する計画を発表しました。

世界的に携帯電話の普及スピードはすごいもので先進国だけでなく、新興国にも多く普及されるようになりました。

 

たとえ電気が通ってなくても、銀行口座を持っていなくても、たくさんの人たちが携帯電話をもっています。

 

電気がなくても太陽光パネル1枚あれば充電できますし、銀行口座がなくてもモバイルマネーサービスが銀行の代わりになります。

一般電話回線を持ってなくても、携帯回線があればいいのです。

 

現在のカンボジアでは

約1,360万人(カンボジアの82%)の人たちがインターネットを使用し携帯電話の契約数は約1,950万人(普及率120%)を達成しています。

 

人々が生活していくうえで、それだけ電話回線やインターネット回線は重要なものになってきました。

そのためいろいろな国のサービスや技術を取り入れていく必要があります。

 

 

あまり知られていませんが、カンボジアで最初の海底光ケーブルは2017年3月に海底ケーブルのサービスが開始されました。

これはMCTケーブルとよばれるもので

M:マレーシア

C:カンボジア

T:タイ

の頭文字をとっています。

このように国同士を海底光ケーブルで繋げることによって、大容量で高速度な通信を国際間で可能になります。

 

今回は、Huaweiによる海底ケーブルの設置計画で香港からカンボジアのシアヌークビルを敷設していきます。

 

この計画は4月に北京で行われた「一帯一路」フォーラムのなかで発表されHuaweiがカンボジアの5Gインフラ開発を支援するというものの中のひとつでした。

 

カンボジア 香港 海底ケーブル huawei 5G 投資

 

世界的にHuawei包囲網が敷かれているなかでカンボジア国内でもHuaweiの携帯端末の売上げが落ちています。

 

とはいっても、中国はカンボジアにとって最大の支援国ですし、貿易相手国でもあります。

Huaweiの5Gに関しても、カンボジアは東南アジアで最初の5G調印国です。

2020年にはカンボジアで5Gサービスを開始させると言ってましたので今後の動きに注目したいと思います。

 

 

 

第2のマカオを目指すカンボジアカジノ業界

カンボジア ホテル事業「AMBERカンポット」

Follow me!