カンボジアは東南アジア内で法人税の低い国の一つです。これによって外資系企業や外国人投資家のカンボジア進出が促進され、国の経済成長にプラスとなります。


カンボジアは東南アジア内で法人税の低い国の一つです。これによって外資系企業や外国人投資家のカンボジア進出が促進され、国の経済成長にプラスとなります。

 

カンボジアは、東南アジアでは法人税率が低い国の一つで、外国人投資家にとってより魅力的な投資先となっています。


オンライン経済統計プラットフォームであるTrading Economics によると、シンガポールとブルネイに次いで、カンボジアは東南アジアで3番目に低い法人税率を誇る国であるようです。


現在のカンボジアの法人税率は20%で、これはタイやベトナムと同じです。

東南アジアで最も低い法人税率はシンガポールの17%で、次にブルネイが18.5%です。

逆に東南アジアで最も高い法人税率はフィリピンの30パーセントで、インドネシアとミャンマーが25パーセント、マレーシアとラオスが24パーセントです。

 

法人税率が低いことは、税率の高い国より低いカンボジアへの外国直接投資が増えますので、国際的な競争力で優位になります。

したがって、外資系企業や外国人投資家の進出や投資が活発になりますので、カンボジアの経済成長には欠かせない政策と言えそうですね。

 

 

 

 

KKアセットマネジメントのメルマガ登録で
「カンボジア不動産投資入門2019年版」を無料でプレゼント

メルマガ,登録,特典,無料

 ↓ ↓

カンボジア,メルマガ,無料プレゼント

Follow me!