カンボジア基本情報

カンボジア基本情報

今、どうしてカンボジアが注目されているのか?

そこには大きな理由があります。

それは、高度成長を遂げようとしているからです。

GDPは年平均7%前後で推移していて、平均年齢は、1945年~60年の日本水準であることから経済発展の原資となるからです。

  
 

豊富な労働人口 

GDPは年間平均7%前後で推移しています。

国外の企業を誘致して、雇用創出を行っているため、国力が上がってきているからです。

そうなると、自然と生活に関する需要が高まってきますし、とくに不動産、住宅関連は大きな需要が期待できます。

このような背景を見ると、カンボジアはこれから伸びる国ということがわかります。


カンボジア基礎データ
1、面積
 18.1万平方キロメートル(日本の約2分の1弱)
2、人口
 14.7百万人(2013年政府統計)
3、首都
 プノンペン
4、民族
 人口の90%がカンボジア人(クメール人)とされている。
5、言語
 カンボジア語 英語
6、通貨
 リエルだが、USドルが主流
  
1、主要産業
 農業(GDPの30.5%)、工業(GDPの27.1%)、サービス業(GDPの42.4%)(2014年、ADB資料)
2、名目GDP
 約177億米ドル(2015年推定値、IMF資料)
3、一人当たりGDP
 1,140米ドル(2015年推定値、IMF資料)
4、物価上昇率
 1.1%(2015年予測値、IMF資料)
5、最低賃金
 153ドル(月額) 
カンボジア労働職業訓練省は縫製・製靴業に従事するワーカーの2017年の最低賃金を前年の月額140ドルから9.3%引き上げて153ドルにすると定めた。
 約70万人のワーカーが適用対象 

カンボジアの人口ピラミッド

戦後の日本と同じ状況

平均年齢24歳という若い世代が多く、意欲的に働いています。

これは1945年~60年の日本水準であるため、高度成長期目前といえます。

50代以上の人が少ないのは、1975年~79年まで行われたポルポト派によるものです。

今後は、20代以下の人たちが今後のカンボジアを支える人材となります。

近年、多くのカンボジア人が仕事を求めて地方からプノンペンに集まってきているので、プノンペンの人口はこの10年間で90万人から140万人以上に増加しました。

そのため、産業の拡大、インフラの整備など拡大を急いでいる状態です。 

カンボジアの人口ピラミッド

急速に上がる最低賃金

2012年の月額61ドルから、2013年以降急速に上昇しており、2015年の最低賃金は月額128ドルと、過去3年で2倍になっています。

カンボジア政府が発表する賃金推移の見通しを上回る水準での賃上げがなされています。

カンボジアの最低賃金は、周辺国と比較するとまだ相対的に安価な水準であることや、物価の上昇や経済成長に鑑みると妥当な水準との評価もある一方で、3年間で100%以上も上昇する急速な変化や、予測しづらい賃金水準の決定方法など、企業が経営の見通しを立てづらい状況となっています。

カンボジアで急速に上がる最低賃金

産業別GDP構成比とGDP成長率

カンボジアの産業別GDP構成比とGDP成長率
カンボジアのGDP成長率

世界の経済成長ランキング

経済成長ランキングでカンボジアは世界18位をキープ

世界の経済成長ランキング

現在のカンボジアでは国を挙げて経済成長戦略を実践しています。

 
その戦略を担うだけの人材がいることや、今後、積極的に人口を増加させる発表もされました。

そのため、経済特区戦略による企業の誘致をおこない、産業エリアを拡大するために開発が急ピッチで進んでいます。

 

それと同時に、プノンペン市内の都市化計画も進んでいるのです。

 

【次の投稿】
プノンペン都市開発計画

プノンペン都市開発計画

 

不動産の購入価格、カンボジア不動産セミナー・説明会の開催 、カンボジア不動産ツアーの参加 も随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ