プノンペンでイオンモール3号店の出店が早くも決定されました!プノンペン最大級プロジェクト「ING CITY」の中心部に出店!

 
【イオンモール3号店の出店が決定されました!】  

2018年夏にオープンしたイオンモール2号店(イオン2)が東南アジア最大規模なのですが、最近イオンモール3号店(イオン3)のオープン計画が発表されました。

イオン3が予定している敷地面積はイオン2よりも倍近く広いので、かなり大きくなるのではないでしょうか。

このイオン3までは、すでにフンセンストリート(全長9km、幅30m)が開通してます。

そして建設地はING CITYと書いてますので、商業施設や住宅など大きく開発されるのでしょうね。

以前に投稿した新国際空港も近くにありますので、かなり期待できる場所だと思います。 

投稿写真を見てもらえば分かると思いますが、プノンペン最大級のプロジェクト「ING CITY」は中心地より近く、広大な土地(青枠で囲われた場所)であるにもかかわらず緑しかない。(まったく開発されていない)ということは? 

⇒開発会社はそこが開発されることが分かっている。
 真ん中を通ってるフンセンストリートもそんな感じです。

⇒そのため不動産開発会社は事前に青田買いする。

⇒開発かけることで地価が高騰する。

⇒売り抜け。

⇒爆益です! 

ちなみに
イオン3はプノンペン中心地より8km。候補9は9.5kmと方角が違うだけでほぼ同じような距離にありますので、ING CITYの地価の推移を調べてみれば、候補9がどのようになっていくか分かると思いますので、こちらも調べていきたいと思います。 

それにしてもプノンペンという都市は、首都であるにもかかわらずメコン川を隔てているだけでここまで大きく開発状況が違うというのは奇跡だと感じています。

以前に通ったときのフン・センストリート。

ING CITYとなる場所は何もなく、ただ広い土地が広がっており、開発されるのを待っています。

その遙か先にはプノンペンの中心地が見えてます。 

  
  
 

Follow me!