カンボジア不動産ツアーレポート2017.11 その②


前回のカンボジア不動産ツアー①の続きです。

カンボジア不動産ツアーレポート2017.11①


プノンペン東部ニューエリアの土地候補を何件かまわりました。

候補地8の周辺です。

ここは雨季になると水に沈むため家は高床式、移動用のボートが道端においてありました。

カンボジア不動産投資候補地の周辺は雨季になると水位が上がるので高床式住居です


こちらは土地候補9の周辺です。

プノンペン都内をグルっと一周する内環状線が片側だけ整備されてます。

このあたりの道路や住宅開発地は盛土をおこなっています。

写真を見てもらうとわかりやすいですが、道路が土手道のようになっているのがわかりますね。

カンボジア不動産投資候補地の周辺は雨季になると水位が上がるため道路は盛土します


住宅開発も活発におこなわれています。

2階建て住居で300~600万円ぐらいといった感じでした。

カンボジア不動産投資候補地の周辺は住宅開発が進んでいます


土地視察が終わったあとは、お土産を買いにセントラルマーケットへ

洋服や雑貨だけでなく、食料品や食堂など何でも揃っているので人も多く活気があります。

カンボジア・プノンペンにあるセントラルマーケットは買い物客で溢れています


最後はレストランにて食事会です。

カンボジアの要人をスペシャルゲストとしてお迎えして、現地ならではのお話やマル秘な開発情報を聞かせていただきました。

こういった情報は一切公開することは出来ませんので、参加された方のみしか聞くことができません。

逆に要人と接点をもっていて、さらにカンボジアへたくさん足を運んでいるからこそ、誰も手を付けられないような案件を扱うことができることこそ、弊社最大の強みです。

カンボジア・プノンペンにある中華レストランで不動産ツアーの懇親会です

 
 
 

Follow me!